星空

2013年8月13日 (火)

ペルセウス座流星群

三大流星群のひとつですが、今年も残念ながら、曇り空のため、全く観ることができませんでした。

2012年11月16日 (金)

しし座流星群

17日午後7時が,今年のしし座流星群の極大予想です。月は三日月で,早々に沈んでくれるでしょうから,あとは天気さえ良ければ,というところです。時間も早いので,晴れれば子どもを誘って,一緒に星空を見上げてみたいところです。

2012年9月30日 (日)

中秋の名月

台風の余波で、どうなることかと思いましたが、雲の切れ間からなんとか見ることができました(^^)v
子どもと一緒に花火をしながら待った甲斐がありました。
中秋の名月2012

2012年7月29日 (日)

流れ星

夜中に庭の水まきをしていて,ふと空を見上げると,既に天頂近くに達したペガサス座を横切るようにして星が流れました。何となくラッキーなことがありそうな予感です。

2012年3月13日 (火)

金星と木星

最近は曇りや雨が多く,星空を見上げることができませんでした。久しぶりに晴れた夕暮れ時の西の空に,一番星が輝いています。そのすぐ近くに,それより暗い星が輝いていました。一番星は金星。その近くに輝くのが木星。この二つの明るい惑星が,これほど接近しているのを見たのは初めてでした。しばらくすると,離れていきます。今だけ,他の星々が瞬き始めるまでの惑星たちのランデブーを楽しみましょう。

2011年9月28日 (水)

10月りゅう座流星群(旧名称:ジャコビニ流星群)

まもなく9月も終わりますね。

10月には,「10月りゅう座流星群(旧名称:ジャコビニ流星群)」の大出現が期待されています。極大時刻は,従来の予想によれば9日午後2時頃ですが,近年注目されているダストトレイル理論によれば9日午前3時頃。この日は満月近い月がかかっていますので,夜明け前の月が西に傾いた頃が観測のねらい目のようです。

日曜日の夜明け前・・・天気が良ければ,「2011年最も期待したい流星群」を「徹夜の覚悟で」(天文年鑑2011より)観測してみましょうかね。

 

2011年8月26日 (金)

久しぶりの星空

午前1時30分。久しぶりに晴れた夜空です。今,この時間に東の空を見上げると,ひときわ美しく輝く明るい星が見えます。木星です。西の空に目を転じると,白鳥座の北十字がきれいに見えて,夏の大三角形が傾きかけています。雨続きの夏が過ぎようとしています。過ごしやすい秋になることを祈りつつ・・・

2010年12月 5日 (日)

12月の天文イベント

今月は,大きな天文現象が二つあります。
いずれも火曜日の夜。

14日午後8時頃 ふたご座流星群が極大。夏のペルセウス座流星群と肩を並べる活発な流星群。月齢8.8日の月(半月よりやや太った月)も,深夜には沈むので,観測条件はバッチリ。今年は,夏のペルセウス座流星群が極大日に曇りで,全く観測できませんでした。ということで,冬のふたご座流星群の方はちょっと期待しています。何とか晴れますように!
寒さ対策を十分にしてから,夜空を見上げましょうか。願い事は何にしましょうかね。

21日夕 皆既月食。
午後4時40分から月食の始まり。午後5時17分が食の最大。熊本では,月の出が午後5時過ぎになるので,既に欠けた月が昇ってくるはず。実際は,皆既食から満月に戻っていく月を観測することになりそうですね。
東の空,阿蘇山方面が見える場所を探して,子どもと一緒に見上げてみましょうか。

2010年9月22日 (水)

中秋の名月

明日(9/22)は旧暦8月15日で,いわゆる中秋の名月が見られる日です。

天文学的な満月は,明後日(9/23)。

さて,お天気の方はどうでしょうか・・・

2010年8月 3日 (火)

ペルセウス座流星群2010

8月になりました。
今年もペルセウス座流星群の季節がやってきました。

今年は,予想されるピークが8月13日午前9時頃とのこと。
午前9時?
と言うことは,ピーク時には日本で観測ができないということですね。残念。
気を取り直して,それでは前夜にでも夜空を見上げましょうか。13日は事務所もお休みになることですし。少しくらい朝寝坊してもOKでしょう。子どもが早起きさえしなければ,ですが・・・
とにかく,今年は月が早々に沈んでくれそうですから,12日の夜は絶好の観測条件になりそうです。
あとは,晴れてくれることを祈るばかりですね。